SPECIFIC THEME STUDIES
- 研究活動 -

神河のこどもたち世界へ発信

観光以上、移住未満の「関係人口」に着目し、「こどもたちと交流し制作するインターネットラジオ番組の発信が良質な関係人口増加に有効である」との仮説をたて実践検証中です。
全校児童17名の神河町立長谷小学校の児童を中心に神河のこどもたちと世界に発信!まちの魅力を自分たちの言葉で伝えます。webサイトでは「聴く」「知る」「つながる」をテーマに、ラジオの視聴、こどもたちへのメッセージの受付、こどもたちからの返事、神河の豊かな風景写真等もご覧頂けます。

詳しくはこちら(外部サイト)

子どもの防犯システム

子どもを狙う犯罪に対し、昨今様々な防犯対策やツールが実施・開発されています。
しかし、それら既存の対策やツールも充分ではなく、対応できていない部分もあります。
(例:携帯は居場所も確認でき連絡も取れる優れたツールだが学校への持込は禁止されており登下校中に何かあった時に使うことはできない等)
そこで、そういった部分を補完する新しいシステムを提案し、その有効性を検証します。

詳しくはこちら(外部サイト)

移住促進

移住にあたって事前に移住経験者のお話を聞きたいという声があります。
しかし、実際に訪問するとなると心理的、物理的な負担が出てきます。
現地に行って直接会わずともオンラインでお話を伺える、そのようなウェブサイトを目指しています。

詳しくはこちら(外部サイト)

神河MaaS

MaaSとは「Mobility as a Service」の略で、神河町や周辺への移動をあらゆる交通手段を使ってサポートします。
おすすめ観光スポットへの交通手段の検索・手配や道案内をスマートフォン・タブレットでご利用いただけます。どうぞご利用ください。

詳しくはこちら(外部サイト)

インフォメーションシェアスタンド

観光客が神河町の観光をより快適に行えるよう、観光客に情報を提供します。また、観光客のさらなる満足度向上に向け、収集したデータを利用して、観光政策に役立てる情報を提供するICTシステムを構築します。

詳しくはこちら(外部サイト)

観光ガイドアプリ

神河町のスタッフが観光資源の情報を容易に更新できるようにアプリ化、観光者は手軽に最新情報を入手できるように取り組んでいます。